脳腫瘍は何歳から注意?対策や治療方法は?小川淳子39歳の若さで死去

脳腫瘍で元カリスマ読者モデルの小川淳子さんが39歳の若さでお亡くなりになりました。

脳腫瘍って何歳から注意が必要なのでしょうか?

また、脳腫瘍の症状などが分かれば効果的な治療や対策がしやすいと思います。

小川淳子さんにご冥福をお祈りします。



脳腫瘍は何歳から注意?治療方法は?小川淳子39歳の若さで死去

脳腫瘍は何歳から注意が必要?

脳腫瘍は生まれてから死ぬまで発症する可能性あります。

年齢は関係ありません。

小さい子どもからお年寄りまで誰でも脳腫瘍になる可能性があります。

なんで脳腫瘍になるの?

残念ながら現在脳腫瘍の発症の原因は詳しくわかっていません。

しかし、少なからず糖尿病や高血圧や高脂血症等の生活習慣病だと、少なからず発症するリスクがあります。

ストレスや生活習慣病が脳腫瘍の引き金になっているのかもしれません。【ストレスの解決方法】恋愛でストレスを感じる時に効果的な発散方法

脳腫瘍の症状とは?

脳腫瘍の症状とは主に

  1. 頭痛がだんだんひどくなる
  2. 嘔吐の頻度が多い
  3. 歩行障害
  4. 言語障害

などです。

左右の脳のどちらかに脳腫瘍ができた場合、腫瘍が発症した反対の手足に症状が出やすいです。

右脳であれば左手足、左脳であれば右手足。

脳腫瘍が初期の段階の症状だと、手足に痺れ、言語障害、視力や聴力の障害、顔の麻痺など少しわかりづらい症状となります。

脳腫瘍が成長してくると、ほとんどの場合、頭痛や吐き気などの症状が見られるようになります。

少しでもいへんを感じたら早めに病院に行きましょう!



脳腫瘍の対策や効果的な治療方法とは?

脳腫瘍が発症してしまった場合、残念ながら自分で対策することはできません。

しかし、発症する前であればストレスや生活習慣を改善するだけで対策にはなると思います。

もちろん脳腫瘍の原因がわからない以上、絶対ではありません。

効果的な治療方法としては『手術が』が一番だと思います。

でも、頭の手術となると、ためらってしまう事もあると思います。

確かに脳腫瘍の手術をして『後遺症がでた』とか『再発した』とか色々あると思いますが、何の処置もせず死んでしまうと考えれば手術はした方がいいと思います。

もちろん手術する場所が脳の表側であれば手術も難しくないと思いますが、脳の奥にできてしまうと摘出するのが難しく、後遺症が残ってしまう場合があるそうです。

しかし、リハビリをすれば後遺症もよくなるという話もよく聞きます!

後遺症も100%発症する訳ではありませんので、あまり気にしない方がいいのかもしれません。

まとめ

小川淳子さんが39歳の若さで脳腫瘍のため亡くなってしまいました。

脳腫瘍は何歳でも発症してしまう可能性があります。

早めに脳腫瘍の症状を確認できれば、早急に病院へ行き治療してもらうのが一番の解決方法だと思います。

小林淳子さんにはご冥福をお祈りいたします。