恋愛を上手く行く為に必要なこと。【それは異性の脳の構造】

  • 2019年10月1日
  • 2019年10月1日
  • 恋愛

今回も前回に引き続き男性と女性の脳の違いをやっていきたいと思います。

さて、男性は優位に立ちたい、女性は共感を求める。前回の記事はこれでしたね。

まだの読んでないあなたは↓をクリック

恋愛で上手くいかない。【モテる為に必要なのは心理です】

 

今回もさらに脳構造についてやっていきたいと思います。

 



言わなきゃわからない男、言わなくてもわかって欲しい女

言わなきゃわからない男、男性の場合仕事などでも具体的な指示がないと動けない人ってあなたの周りにいませんか?

結構いると思うんですよね・・・

 

これは男性の脳の特徴で理論的に行動するという特徴なのです。

逆に指示があればものすごく仕事ができる人もいると思います。これは具体的な指示を出されたことで行動をすることができる男性脳の特徴そのものです。

 

女性の場合、言わなくてもわかって欲しい。女性の場合は理論より感情を優先的に物事を進めていきます。

 

例えば女性が今日のご飯何食べたい?と聞いてくることがあります。

この時男性はいきなり言われた抽象的なことに対して頭の中て答えが出ません。

そんなときの決まった答えは「なんでもいいよ」です・・・

この一言で一気に女性が不機嫌になったことってありませんか?

これは付き合っている男女の例ですが、例えば合コンなどでも同じことです。

女性が趣味は?とか、~が好きですか?といきなり聞かれたときに、特にない、って答える人いませんか?

 

これでは女性はあなたに共感を持つことができず、あなたに興味も持ってくれないでしょう。

 

 

男性目線で話しましたが、女性側としては興味がある男性に対して具体的な話をせずにイメージだけを伝えて話をしていませんか?

イメージだけでは男性は??状態で話がかみ合いません。

 

伝えてほしい男性脳、感づいてほしい女性脳

 

いままで紹介してきたことは男性は伝えなきゃわからない。

女性は男性に感づいて欲しいと考えています。

ならどうすればいいのか?

まず今日ご飯何食べたい?ですが、これに対してはこないだキミが食べたいって言ってた~食べに行こうよ! と、いつも話を聞いていますという雰囲気を出しましょう。

 

男性が何食べたい?といい女性がなんでもいいと言った場合、「なんでもいい」の前後の空間の言葉をイメージする癖を男性はつけてください。                                   なんでもいい(今の気分で食べたい物察してね)・・・ここまで考えてみてください。

合コンの場合も女性が何が好き?と聞いたらその前後を考えてみてください。

自分で答えが出ない場合、逆に相手に何が好きと聞き、あっ、それ俺も好き!と共感を求めることもできます。

 

最初は結構大変です。ですがなれてくれば男性はイメージを具体的にできるようになってきます。

恋愛を上手くやってる人はこれらのことをやっています。

恋愛でなくともホストやホステスなどは自然とこの心理術を使いお客を楽しませています。

 

さて、長くなりましたので、今回はここまでにします。読んでいただきありがとうございました!